この2週間での気づき

先週1週間、夫が海外出張で不在にしていました。
すべての家事と育児を自分1人でできるかな…と心配しておりましたが、なんなくこなしてあっという間に時は過ぎたのでした。


というか、いつもよりスムーズだった!
(ここだけの話)

子どもたちにも怒ることもなく、なんだか楽しく平和に過ごせた日々。
朝も早起きして有意義に過ごせてた。


なんでかなーと考えていたら、大きな発見。
私、無意識のうちにいつも旦那さんのこと考えてた。
よくも悪くも。

それで、良くないことを考えている時に(無意識の中で)、子どもたちに怒ったりイラ立ったりしてたみたい。
良くないことというのは、「もっとこういう所をこうした方がいいのに」とか、「私が忙しいのは育児や家事を手伝ってくれないからだ!」とか。
注:普段の旦那さんは家事も育児もけっこうやってくれてます。

それで、子どもたちにイライラする時っていうのは、無意識に「手伝ってくれないから私がこんなに大変な目に合うんじゃん!」という被害妄想が働いていたからなんですねー。

でも、不在なら旦那さんのせいにはできないので、すべては自分の責任として、処理していたみたい。これもまた無意識に。

自分の責任で動くと、ヘンな被害者意識も働かず、ただ淡々と受け止められるというか、次回はこうしよう。という解決案も浮かんできたりして、とても前向きに進む。

逆を言えば、普段それだけ私の意識が外に向いていて、そこに感情や考えなどが左右されてるということだ。


だから、他に意識がもっていかれないくらい、もっともっと自分に集中していいんだと思った。


そして旦那氏帰国後の今週、今度は子どもがインフルエンザに。
月曜日に罹患したから今日まで丸々一週間お休み。
もちろん私も仕事に行けず、看病をしておりました。

先週に引き続き2週間も子どもたちと濃密な時間を過ごして気づいたこと多々。

以下、箇条書き。


⋆「こうさせたい」の意識は不要。相手をただ受け止める。

⋆同じ目線で一緒に楽しむ

⋆なにか教えよう、としなくていい。勝手に学ぶ

⋆今この瞬間に全力をかけて、そして精いっぱい生きてる

⋆私を受け入れて、受け止めてくれてる

⋆私が一緒にいてあげているのではなく、私が一緒にいてもらっている

⋆自分の時間が欲しいと思ってきたけれど、今自分の時間がないのは子どもたちといるからであって、自分の時間ができた時には子どもたちとの時間はないということ。
それは、とてもさみしいということ。
私は今子どもたちと一緒にいたい、ということ。


以上、覚え書きとして。


[PR]
# by nenet_boni | 2016-12-17 00:01

時間ネタ、つづきます。

4時台に起きるようになって、必ずやるようにしてること。

それは…、顔パック!

洗顔後に無印の顔パック用の紙に普段使っている化粧水をこれでもかと染み込ませる。

それを顔に貼り付けて待つこと10分。

もちもちしっとり肌の出来上がり♪


普段、潤いがいかに足りていないかを思い知る一瞬でもあります。汗


化粧乗りも良くなって、自己満足度もアップするし、
気に入っている朝のひと手間です。


っていう、なんでもない記事!

[PR]
# by nenet_boni | 2016-12-08 09:05

ゴジラーの私はヨジラーになった

毎朝5時半に起きる生活にしてから7ヶ月が経ちました。

ある日偶然4時に目覚めてそのまま起きると…、

なんとまぁ家事のはかどること!

家事以外にもゆっくりお茶する時間も取れたりして、
心の電池が満タンになったわけです。

今週は夫が出張で不在ということもあり、いつもよりも家事の負担が大きいので、
意識して4時起きを心がけてみました。

いや〜、いいですねぇ。

普段気になりつつも、あとまわしになってしまっているあれやこれやを片付けて、
ついでに晩ご飯の支度までする。

夜の時間も少しサイクルが早くなりました。


私の究極の目標は、子ども達の就寝時間をあと1時間早めること。

今は21時半就寝ですが、20時台には寝かせたいのです。

10時間睡眠を取ると朝スッキリ起きてくれるので。

成長のためにも早く寝かせたいなーと思ったり。

こんな感じで、
タイムスケジュールの見直し、日々試行錯誤しています。


[PR]
# by nenet_boni | 2016-12-06 18:12

ただそばにいるよ。

きみがだいぶ元気がなかった頃、
「私になにかできることある?」

と、よく尋ねていた。


返ってくる返答はいつも同じで、

「ただ、そばにいて」


だけど、ただそばにいるだけでいいなんて信じられなかった私は、"言葉で" きみを元気づけようとしていたんだ。

今思うと、そんなこと必要なかったって分かる。

君の言葉通りを受け取ればよかったんだ、って。


大切な誰かが落ち込んでいる時は、ただそばにいるだけで、ただそばにいるだけでよかったんだ。


「ただ、そばにいて」

と、言った君の気持ちが、今ならよく分かるんだ。

[PR]
# by nenet_boni | 2016-12-01 08:10 | 会話

時間について

今朝、時間についてひとつの真理にたどり着いた時、
一気に身体が軽くなり、視界が広がる感覚があった。

大きな気づきがある時は、いつもそんな感覚がある。


ずっと、苦しかった。

出産してから、自分の時間が持てないこと。
仕事においても退社時間が早くなって残業できなくなったこと。

帰宅後も、ごはんにお風呂、寝かしつけ、食器洗いに洗濯、明日の準備。
19時に帰宅して、21時半に布団に入るまで、
ホッと息をつく間もないことが。

時間がない、っていつも思いながら過ごすことが。

それがいつも苦しかった。


いつも時計を気にして、ああ、もう何時だ!
あと何分であれしなきゃ。


そんな風に過ごすことが、普通になっていくことが、

とてつもなく嫌だった。


自分の中から 時間 という概念を消してしまいたくなってた。


だけど、時間がないことが苦しさの理由じゃない。
色々なことをていねいにできないことが嫌なのだ、という真理にたどり着いた時、私はとても救われた。

モヤモヤしていたものが、一気に身体から抜けていく気がした。


この1ヶ月、ぐるぐる廻った感情と思考と。

気持ちよく見送ることができた。

やっと報われた気がした。


私は大丈夫。

そう思えた。

自分が大切にしていることが、初めて分かった。
そんな自分に誇りが持てた。


明日から12月。


今年最後の、また新しい月が始まる。

ていねいに過ごそう。
毎日をムダにすることなく。

ひとつひとつ、心をこめて。

[PR]
# by nenet_boni | 2016-11-30 17:23